日本弁理士会東海会について

会長ご挨拶

日本弁理士会東海会 会長 奥田 誠(オクダ マコト)

日本弁理士会東海会(以下、「東海会」)は、2019年4月、日本弁理士会東海「支部」から名称を変更しました。東海会は、日本弁理士会の地域組織であり、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県及び長野県を管轄地域とし、この地域の弁理士で組織されています。

東海会では、外部に向けた知的財産の普及活動として、一般向け、教育機関向け、中小企業向けの活動を行っています。

一般向けの活動では、一般市民に向けて、特許、意匠、商標などの知的財産に関する啓蒙活動を行うと共に、知的財産の専門家である弁理士の認知度の向上を図っています。

教育機関向けの活動では、次世代の日本を担う学生に知的財産の重要性を知らせるため、小学校から大学まで、各教育機関に対して知財教育の支援を行っています。

中小企業向けの活動では、東海地域そして日本を支えている中小企業を知的財産の面からサポートするべく、中小企業の経営者や知財担当者を対象とする知財支援活動や、知的財産に関する啓蒙活動を行っています。

本年度は、これら三本柱の活動を継続すると共に、特に、中小企業への知財支援活動を更に発展させ、関係各所との協力、連携を得ながら、中小企業における知的財産の有効活用に、東海会の弁理士が寄与できる環境作りを行います。また、知財金融の関心の高まりと共に、東海会も徐々に各金融機関と協力関係を結べるようになってきています。この関係をさらに発展させ、金融機関の方々に対する知的財産に関する理解の浸透を通じても、中小企業への知財支援活動ができる途を探って行きます。

本年度も、東海会は、5県の地域における知的財産の更なる普及、活用をサポートしてゆきます。日本弁理士会東海会に対するご支援ご協力を、どうぞよろしくお願い致します。

日本弁理士会東海会 会長 奥田 誠(オクダ マコト)