日本弁理士会東海支部について

支部長ご挨拶

日本弁理士会東海支部 支部長 井上 佳知

日本弁理士会東海支部は、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県及び長野県を支部地域とする日本弁理士会の地域組織であり、支部地域内の会員によって組織されています。

東海支部の歴史を振り返ってみますと、一般的には知的財産という言葉が現在ほど知られていない当時から市民の方に対する知的財産に関する啓蒙活動を行い、日本の次世代を担う若者たちに知的財産を知ってもらい、利用してもらうために教育機関に対して知的財産教育の支援を行ってきました。これらの活動は、休日パテントセミナー、大学キャラバン・小中高への教育支援事業として展開されており、現在も東海支部の基盤をなしています。

東海支部は、さらに、日本そして東海地域の「ものづくり」を支えている企業、特に中小企業の経営者の方々を対象とする実務型の知的財産支援活動を開始し、現在に至っています。実務型の知的財産支援活動は、実際の企業活動と密接に関係しているため、求められる支援内容も企業毎に千差万別であり、また、複雑です。中小企業支援は国策にもなっており、しばらくの間、関係各所において中小企業支援がキーワードになると思われます。

このような中小企業支援への取り組みの中では、知的財産に馴染みの少ない方々を含む様々な方を対象として東海支部の事業活動を展開していくことになります。そこで、事業活動においては、専門用語に頼ることなく、また、事業性を考慮して知的財産に関する支援を行っていきたいと考えます。こうした事業活動を通じて、これまで「弁理士」をご存じなかった方々にも、「弁理士」という職業を知って頂き、身近な存在となれることを望みます。

本年度は、これまで継続してきた東海支部の各事業活動をブラッシュアップし、より魅力的な知的財産に関わる活動を展開していきます。また、関係各所との連携を通じて+αの支援を提供し、東海地域の企業活動をより活性化するための一つのツールとして、これまでとは異なる色々な視点から知的財産の活用を図る一翼を担いたいと考えています。

本年度も日本弁理士会東海支部に対するご支援をよろしくお願い致します。

日本弁理士会東海支部 支部長 井上 佳知(イノウエ ヨシチカ)