東海支部の活動について

新聞掲載記事

更新:2019/01/31

不正競争防止法改正の概要~データ保護に関して新設~

  平成30年5月30日に「不正競争防止法等の一部を改正する法律」が公布されました。不正競争防止法の目的は、
 事業者間の公正な競争を確保するため、不正競争行為に対して民事措置や刑事措置を講じ、もって国民経済の健全
 な発展に寄与することです。

 <改正の背景>
  AI、Iot、ビックデータ等の活用が進展する中、安心してデータを取引できる環境整備が求められます。

 <改正点>
  1.「限定提供データ」の不正取得等に対する民事措置の創設(施行日2019年7月1日)
  2.「技術的制限手段」の効果を妨げる行為に対する規律の強化(施行日2018年11月29日)
  3.証拠収集手続の強化(施行日2019年7月1日)
  以下、今回の改正で新設された項目1についてのみ説明します。

 <限定提供データ>
  限定提供データとは、価値あるデータのうち、一定の要件を満たしたデータのことです。一定の要件とは、
  ①ID・パスワードなどにより特定の者に提供する情報であり、
  ②情報保有者が電子データで管理している情報であり、
  ③相当量蓄積された技術上又は営業上の情報であることです。
  例えば、蓄積・分析された消費動向データや車両走行データであって、会費制で提供するデータ、又はコンソー
 シアムのメンバーだけで共有するデータは、限定提供データとなり得ます。反対に、一般に公開されている情報、
 紙のみで管理されている情報、及び蓄積されていない情報等は、限定提供データではありません。

 <不正競争行為>
  以下に列挙する「限定提供データに関する不正競争行為」が損害賠償請求や差止請求の対象となります。
  ①パスワードを破るなどにより限定提供データを不正に取得し、使用又は開示する行為
  ②限定提供データを正当に取得し、図利加害目的で開示、又は、図利加害目的かつ任務違背により使用する行為
  ③不正な経緯を知って限定提供データを取得し、使用又は開示する行為
  ④不正な経緯を知らずに限定提供データを取得し、不正な経緯を事後的に知り、契約等で決められた権原の範囲
  (例えば契約で許可された開示範囲)外で開示する行為

  今回の改正では、契約に基づく自由な取引を前提とし、取引に対して事業者の萎縮を招かないように、不正競争
 行為の対象が絞られています。つまり、悪意性の高い行為のみを民事措置の対象としており、通常の正当な事業活
 動が阻害されないように配慮されています。さらに詳細には経済産業省HPをご確認ください。
                                            弁理士 瀧川 彰人