東海支部の活動について

主なセミナー・イベント事業 知的財産セミナー

更新:2006/12/05

[1月31日]日本弁理士会東海支部開設10周年記念「知的財産セミナー2007~国際化時代における知的財産の活用~」<終了しました>

 開催趣旨
   我が国は、知的財産基本法の制定、知的財産の創造、保護および活用に関する推進計画の策定を通じて、知的
  財産を用いた新規産業の創造による科学技術創造立国を目指しているところです。
   我々、弁理士は、知的財産の専門家として、科学技術創造立国に貢献することを、知的財産推進計画において、
  社会から要請されており、我々もそのような社会貢献活動の重要性を十分に認識しております。日本弁理士会東
  海支部は、この目的のために、多くの知的財産の啓発活動などの事業を展開し、その一つとして、東海支部の設
  立を記念して知的財産セミナーを毎年1月に開催しております。
   本年度につきましては、支部開設10周年を迎えるという節目にあたり、当地におけるグローバルな視点から
  の知的財産の活用、戦略を考えるという趣旨で、「国際化時代における知的財産の活用」を標題とする知的財産
  セミナーを開催することといたしました。
   今回のセミナーが当地区の知的財産関係者のみならず、経営者、技術者、研究者の皆様にとって少しでも参考
  になり、皆様の明日へ向けてのご活動の一助になればと祈念する次第です。

  日 時:平成19年1月31日(水) 午後1時15分~4時20分

  場 所:ヒルトン名古屋 5階金扇の間(名古屋市中区栄1-3-3 電話052-212-1111)

  内 容:(第1部)基調講演「トヨタの知的財産戦略について」(13:30~14:10)
       講 師 江崎 正啓 氏(トヨタ自動車株式会社 知的財産部 理事)
       内 容 企業活動の国際化戦略は競争と協調を伴い拡大・多様化しております。このような状況にお
           ける、知的財産活動の現状と課題について講演します。
      (第2部)基調講演「ブラザー工業のグローバル化と知財戦略」(14:10~14:50)
       講 師 大門 悟 氏(ブラザー工業株式会社 常務執行役員)
       内 容 ミシンの国産化を目指した創業時代からその後の多角化時代を通してグローバル化への道を
           歩み、今日、情報通信分野を主たる事業ドメインとするに国際企業へと発展してきた当社の
           各時代の事業と知財の係り方について講演します。
      (第3部)パネルディスカッション「世界戦略における中小企業等の知財の活用」(15:10~16:20)
       コーディネーター 弁理士 飯田 昭夫(国士舘大学教授)
       パネリスト 中部経済産業局 新規事業課長 佐々木 昌子 氏
             トヨタ自動車株式会社 理事 江崎 正啓 氏
             ブラザー工業株式会社 常務執行役員 大門 悟 氏
       内 容 ものづくり企業の世界戦略では、その企業のみならず、部品メーカー等中小企業の技術力・
           知的財産も重要な要素となります。中小企業等が有する知的財産を世界規模で活躍する企業
           が活用するには?について討論します。

  主 催:日本弁理士会東海支部

  後 援:中部経済産業局、愛知県、名古屋市、名古屋商工会議所、(社)発明協会愛知県支部(予定)

  定 員:350名

  参加費:無料

  対 象:一般。大学・企業の研究者、技術者、ベンチャー起業を目指す人、中小企業の経営者、知的財産関係者。

  申込方法及び問合せ先:はがき又は電子メールにて、あるいは参加申込書をFAXで、住所(会社の場合は部署・
             役職等もご記入下さい)、氏名、職業、電話・FAX番号を明記の上、下記宛先へ1月
             19日(金)までにお申し込み下さい。後日入場券を発送いたします。

  連絡先:日本弁理士会東海支部
      名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所ビル8階
      電話052-211-3110 FAX052-220-4005 E-mail: info-tokai@jpaa.or.jp